一重を解消して二重まぶたを作る埋没法

美を求め続けている女性というのは、何歳になっても周囲に美しいと思われたいものです。
特に多い悩みが豊胸であり、女性らしいスマートなボディラインを作るのには欠かすことの出来ないものとなります。 目を開ける筋肉の繊維の一部が目を開ける時に引きこまれてしまうことでそもそも二重というのは出来るのです。
多くの方が一重で悩みを抱えていますが、今では比較的簡単に二重を作ることができるのです。

 

元々の二重と同様の原理において埋没法によってラインが形成され、とっても自然な二重まぶたを作ることが可能になります。
目をいじって改善した、っという印象を周囲の人にもたれることなく、ごく自然な仕上がりを期待できます。

 

実際の手術というのはもちろん埋没法と言いましても医師によって糸を留める位置や、また糸の留め方もある程度差があります。
埋没法に対していい加減な表現をしている美容クリニックも中にはありますので、とにかく信頼出来て口コミでも評判のクリニックを選ぶことが大切なのです。



一重を解消して二重まぶたを作る埋没法ブログ:19年09月30日

1週間くらい前、2ヶ月振りに母が帰ってきた。

「お父さんの還暦祝いをするんだけど、来てくれる?」

父親の勤務地が変わって、
母は父親と渋谷へ行ってしまった。
そして、母はときどき一人で渋谷に帰ってくるのだ。

母が戻る日…
わたくしは仕事で休めなそうにないから無理だと言うと、
母は寂しそうな顔で家を出ていった。

わたくしは家で一人ぼっちになると、
母には悪いことをしたなぁ…と後悔した。

沈んだ気分を吹き飛ばしたくて
わたくしはテレビをつけた。

司会者とゲストが楽しそうにおしゃべりしている。
その遣り取りで、
わたくしはゲストが司会者から電報を受け取っているのが気になった。

「そういえば、電報という手があるな!」

父親の還暦祝いに、
わたくしは真っ赤な鳳凰が羽ばたいているデザインのカードを選んで、
メッセージを添えて贈ることにした。

父親の還暦祝いが行われた翌日、
母から電話がかかってきた。
母の声はいつもより弾んでいた。

「ありがとう。電報届いたよ。
感情をあまり出さないお父さんの久しぶりの笑顔が見れたわ」

「お父さん、喜んでくれたんやな」

「当り前よ。お父さんね、メッセージを読んでからしばらくの間、
鳳凰にみとれていたわ」

おしゃべり好きの母の話はいつものように脱線し、
なかなか話が尽きなかったが、
ようやく電話を切ることができた。

母の声が聞こえなくなると、
今度は父親の姿が浮かんだ。

今頃
座敷に胡坐をかいて愉快な顔で
父親はお酒を飲んでいるのかなぁ…

その横で、あの真っ赤な鳳凰は羽を休めていることだろう…