皮膚の発生する悩みのしみの原因と予防

全世界で美容クリニックが続々と開業してきており、夢の豊胸や小顔などを簡単に実現することが出来るようになりました。
それらの効果は非常に高くなり、もちろん安全性も認められていますので気軽に受けることが出来ることでしょう。 当然のことですが悩みのシミを防ぐためには、何よりも紫外線を予防することが非常に重要なこととなります。
決して面倒くさいと考えずに、日頃から適切な紫外線対策を実践するようにしてください。

 

しっかりと紫外線対策をすることがシミには大切であり、例えば曇りの日、春や秋などといった一見紫外線が少ないと思われる日でもきちんと行いましょう。
また大切なこととしまして、紫外線というのは屋内にも侵入をしてくるものですので、室内でもある程度の紫外線対策が必要です。

 

紫外線もシミを防ぐためには重要なこととなりますが、洗顔時に強く擦らないという簡単な方法も覚えておいてください。
たったそれだけのことで、かなりシミ予防に繋がりますので日ごろから注意をするようにしてください。



皮膚の発生する悩みのしみの原因と予防ブログ:20年03月12日

おれは、ダイエットのために食事にも気を付けて、
体操も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然体操などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事のダイエットまでお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で体操ができない」ことと
「ダイエット」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で体操できない」=「ダイエットできない」
と考えてしまい、その結果
「食事のダイエットもやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と体操に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
ダイエットをやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、ダイエットなんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「ダイエットなんて肉体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱりおれはダイエットなんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度とダイエットをやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、ダイエットしていたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任をダイエットに押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!